スタッフの声:HCU看護師Yさん

スタッフの声:HCU看護師Yさん

プロフィール

 徳島県出身です。2020年3月に徳島県の5年一貫校を卒業後、4月に新卒新人で当センターに就職しました。

救急の看護師・HEMCに入職したきっかけは?

 漠然とですが中学校の時、青年海外協力隊に興味を持ち、いつか誰かの役に立てる仕事がしたいと思いました。高校で看護科に入学して学んでいくうちに災害看護というものを知りました。被災された方の心の拠り所となれるような様々な知識と症例を学べるのは救急ではないかと思い、DMAT派遣の実績がある当センターに就職しました。

リフレッシュ方法

 同期と神戸の景色を見たり、季節を感じながら夜散歩をしています。
また実家に帰省し家族や地元の友人と過ごすことでリフレッシュしています。

 

日赤病院との合同研修

 隣接している赤十字病院と1年間で様々な合同研修を行います。技術の習得だけでなく、自部署での仕事内容、悩みを話し合う研修もあります。コロナ禍ということもあり合同研修というものは一昨年に比べて少なくなりましたが、少ない研修の中でも同期全員が集まれる機会なので同じ悩みを共有でき、自部署とは異なる看護や業務を話し合える大切な場となっています。

これから救急の看護師を志す方へのメッセージ

 救急領域は幅広く、勉強の毎日で大変だなと思う時もありますが、その分学びも多く、自分自身を大きく成長させてくれます。1年目で救急領域は正直大変ですが、同期とは日々切磋琢磨し、お互いを高め合って仕事ができ、また、優しくて頼りになる先輩方の元で働くことができ、当センターに就職して良かったと思っています。先輩方は悩みや分からないことは一緒に考え、勉強してくださり、困っている時は必ず手を差し伸べてくれます。私もそんな先輩方の背中を見て、いつか追いつけるように頑張っています! 皆さんも自分が目指した看護師になれるように頑張ってください!!