スタッフの声:初療看護師Hさん

user warning: Table './hemc_drp/watchdog' is marked as crashed and should be repaired query: INSERT INTO watchdog (uid, type, message, variables, severity, link, location, referer, hostname, timestamp) VALUES (0, 'elfinder', 'elFinder library directory containing features test files :files. Please remove these files to avoid security hole.', 'a:1:{s:6:\":files\";s:105:\"sites/all/libraries/elfinder/elfinder.php.html, sites/all/libraries/elfinder/connectors/php/connector.php\";}', 1, '', 'http://www.hemc.jp/nurse/sfaff/shoryo_h', '', '54.80.8.44', 1524268142) in /var/www/vhosts/hemc.jp/httpdocs/modules/dblog/dblog.module on line 146.

スタッフの声:初療看護師Hさん

プロフィール

神戸赤十字病院の外科病棟勤務、手術室勤務を経てHEMC初療室へ配属となりました。
看護師になると決めた頃から救急看護を行いたいという思いがあり、異動希望し、現在に至ります。

救急の看護師を志したきっかけは?

看護師になりたての頃はただ救命というものに携わりたいという思いでした。しかし、病棟や手術室の経験の中で患者さんの急変に遭遇し何もできなかった自分を振り返った時、やはり危機的状況にある患者さんの看護を学び、柔軟な対応ができる看護師になりたいと思いました。

初療室で働くということ

初療室は老若男女問わず様々な疾患や状態の患者さんが一番に運ばれてくる場所です。ドクターカー出動時や搬入が立て続けにあると、心身共に辛くなる時もあります。初療の先輩方はたくさんの状況を経験されていて、まだ経験の浅い私のような看護師が疲弊しないよう相談に乗って下さったりします。

今、心身ともにバランスをとりながら救急看護を学べているのは、初療のスタッフのみなさんのおかげだと思っています。また、どのような疾患の患者さんが運ばれてくるかわからないため、自己学習やセミナーの参加など常に自己研鑽し続けていく必要がある部署だと思います。

リフレッシュ方法

休日はヨガや加圧トレーニングで自分磨きに励んでいます。セミナーに参加したりする時もあります。だけどやっぱり同期や友達と飲みに行ったり遊びに行ったりすることが一番のリフレッシュになります。あとは夜勤明けの衝動買い・・・とかです。

讃岐メディカルラリーに参加して

メディカルラリーとは救急に携わるコメディカルで行う救命大会みたいなものです。Dr、NS、救命士でチームとなりプレホスピタルさながらの状況で自分達の普段の治療・処置・看護を競う大会です。ラリーに参加して学んだことは、チームワークとコミュニケーションの大切さです。競技中たくさん失敗もしたけれど、お互いフォローしあう最高の仲間に恵まれました。日々の業務にも活かしていきたいと思っています。

これから救急の看護師を志す方へのメッセージ

救急看護は辛いこともありますが頑張ってよかったことがたくさんあります。もちろん、自己研鑽がより必要な分野で厳しい世界ですが、やりがいはすごくあります。HEMCは様々な患者さんが運ばれ、とても学びが多い施設なのでぜひ一緒に働きましょう!!