スタッフの声:ICU看護師Sさん

user warning: Table './hemc_drp/watchdog' is marked as crashed and should be repaired query: INSERT INTO watchdog (uid, type, message, variables, severity, link, location, referer, hostname, timestamp) VALUES (0, 'elfinder', 'elFinder library directory containing features test files :files. Please remove these files to avoid security hole.', 'a:1:{s:6:\":files\";s:105:\"sites/all/libraries/elfinder/elfinder.php.html, sites/all/libraries/elfinder/connectors/php/connector.php\";}', 1, '', 'http://www.hemc.jp/nurse/sfaff/icu_s', '', '54.226.41.91', 1516459386) in /var/www/vhosts/hemc.jp/httpdocs/modules/dblog/dblog.module on line 146.

スタッフの声:ICU看護師Sさん

プロフィール

大学病院の救命センター、ICUを経て、当センターの開院時よりICUで勤務しています。
2人の子供を出産し、育休後ICUへ復帰し現在に至ります。

救急の看護師を志したきっかけは?

新卒で救命救急センターへ配属され、多くのことを経験し看護師として成長することができました。その後、集中治療を学んだことで救急領域の看護を深めたいと思い、救急分野を志しました。
元々、青年海外協力隊へ参加したいと思い看護師になったので、当センターに勤務し、スマトラ沖地震の災害派遣に参加してとてもいい経験ができました。

リフレッシュ方法

休日に子供と一緒に過ごすことです。毎日が忙しいので、一緒にいる時間はとても大切です。
家族4人とも温泉が好きなので、みんなで温泉旅行に出かけたり、サッカーの観戦に行ったりと楽しんでいます。
家族で過ごす時間が一日、一日のパワーとなっています。

育児と仕事の両立について

当センターは子育て支援制度があるので、小学校になるまでは、その制度を利用させて頂きました。
周りのスタッフみんなの協力と理解を示してくれる上司に支えられ、両立することができています。
育児をしながら看護師として働くことは大変ですが、ママさんナースが増えることを願っています。

これから救急の看護師を志す方へのメッセージ

救急領域の看護を学ぶことは簡単ではないかもしれません。
でも、その経験はこれからの看護師としての人生に大きな力を与えてくれるはずです。私たちの仲間が増えることを楽しみに待っています!!