スタッフの声:HCU看護師Sさん

スタッフの声:HCU看護師Sさん

プロフィール

 他病院で8年勤務後、HEMCに入職しました。ICUで2年勤務し、現在はHCUで勤務しています。

救急の看護師を志したきっかけは?

 以前の勤務先でもICU・救急外来に所属しており、3次救急で運ばれてくる患者さんの全身管理などをより深く学びたいと思いました。また、かねてより災害医療に興味があり、救急医療と災害医療を並行して学ぶことが出来るHEMCへの入職を希望しました。
 遠方からの転職であったため、とても迷いましたが、「一度きりの人生、やらずに後悔するよりは…」との思いでチャレンジして今は本当によかったと思っています。

リフレッシュ方法

 休日は、ライブや音楽フェスに行ったり、友人とご飯に出かけたりしています。温泉地や京都などの寺社仏閣に観光にでかけることもあります。

今のわたし

 業務に慣れてきた頃から、ICLS・JPTECなどの認定コースや、県立大学の授業の聴講、看護協会などの外部の研修に参加させてもらっています。目標に向かって、足りない課題を自分で見出し、知識や技術を鍛錬する努力が必要だと実感しています。
 院内では教育委員として、研修企画や後輩の育成に取り組んでいます。部署では学習者と教育者が互いに学び合う関係性となることを基本姿勢として、係長さんやチームリーダーさんと連携をとりプリセプターの教育や新人振り返り会のサポートを行っています。また、次年度以降にプリセプターを担っていくスタッフには、前段階として新人へのミニ勉強会を担当してもらうなど、全てのスタッフが教えて教えられる関係性である屋根瓦方式の教育を意識しています。

これから救急の看護師を志す方へのメッセージ

 救急分野といっても幅広く、初めは学習も大変かもしれません。しかし、HEMCには全国各地から様々な経験をもった看護師が集まります。自分と同じような目標を持った同期や先輩と出会えて、私はたくさん励まされることがありました。
 ほんの少しの勇気をもってチャレンジしてみませんか?HEMCには支えてくれる仲間がたくさんいます。あなたも一緒に働きましょう!!!