スタッフの声:HCU看護師Kさん

スタッフの声:HCU看護師Kさん

プロフィール

 宮崎出身です。2019年3月に福岡の赤十字大学を卒業後、4月に新卒新人で当センターに就職しました。

救急の看護師を志したきっかけは?

 赤十字の大学に通っていたため、災害医療について学ぶことが多く在学中に災害看護に興味をもちました。また、大学院に救急看護認定看護師課程があり、救急領域で働く看護師の方と関わる機会が多く、救急領域で働きたいと思うようになりました。赤十字の病院で働きたかったこと、DMAT隊員の教員に当センターを教えて頂き、遠方からの就職で不安もありましたが、家族や友人に背中を押してもらい就職しました。

リフレッシュ方法OR部署での一場面など

 同期や友人とご飯や遊びに行ったりして美味しいものを食べながら仕事のことだけではなく、様々な話をしてリフレッシュしています。また、ライブに行き気分転換をしたり、家族が医療職という事もあり、仕事の話をすると自分に足りない事などを知ることができ、仕事を頑張ろうと思えます。

日赤病院との合同研修

 隣接している赤十字病院とは1年間の間で様々な研修を一緒に行います。技術の習得だけでなく、自部署での仕事内容、悩みを話し合う研修もあります。その中で自部署とは異なる看護・業務について知ることが出来たり、同じ悩みを共有したりするなど同期と交流する機会も多くあります。また、入職して数週間は部署関係なく研修があるので、たくさんの同期と仲良くできる機会があります。

これから救急の看護師を志す方へのメッセージ

 救急領域は幅広く、特に新卒では学習と技術の習得は大変ですが、病院・病棟での様々な研修や勉強会があります。また、不明なことや悩みがある時はすぐに先輩に相談できる環境にあり、先輩方々は一緒に考え、勉強を教えてくださいます。また、一緒に勉強したり、悩みを打ち明け、励まし合える同期もいます。1年目から救急領域で働くことは大変だと感じるかもしれませんが、優しくておもしろい先輩方、同じ夢を持った同期と働くことができ、当センターに就職して良かったと思っています。その中で、自分が将来なりたい看護師像も見つけることが出来ると思います。皆さんも自分が働きたいと思った分野で頑張ってください。私も頑張ります!