看護部長挨拶

看護部長挨拶

看護部では、センターの基本理念・方針に則り、『患者さんの人権と意思を尊重し、論拠に基づく確かな技とやさしさを持って、患者さん中心の看護を提供します!』を看護部理念としています。高度救命救急、災害医療における看護実践力の熟成を目指し、関係するあらゆる人々とのパートナーシップを大切に切磋琢磨しています。
当センターには、設立当初から“熱い使命感”をもって勤続している看護師、“スキルアップ”目的で転入してくる看護師、“夢と希望”を胸にした新卒新人看護師、外部からの研修目的の看護師…等々、様々なキャリア層の看護師が集まっています。共通する特性は、皆、“高い志”“熱いハートを持っていることです。激動する未来を見据え、これまで構築してきた「兵庫県災害医療センターの看護部組織体制と看護実践」を的確に見つめ、看護体制や教育体制の再考等、新たな取り組みにチャレンジしています。
看護師として、人として『確かな技とやさしさ=看護の力』を発揮することができるよう、互いを尊重し助け合い、共に成長できる組織作りに、センター一丸となって取り組んでいきたいと思っています。そして何よりも、“信頼!”の上に災害医療センターとしての役割発揮ができる運営に努めていきたいと思っています。


看護部長 山名 比呂美
 

兵庫県災害医療センター(HEMC(へむく):Hyogo Emergency Medical Center) は、神戸市の東部新都心である「HAT神戸」に、神戸赤十字病院と隣接して建っています。「HAT神戸」の「HAT」とは「Happy Active Town」の略です。北は六甲山脈、南は神戸港に面しており、フットワークよくセンターの使命を果たすべく日々活動しています。