救急部医師紹介

19年度の救急部医師

センター長

小澤修一(昭和46年卒)

  • 日本救急医学会指導医
  • 日本外科学会専門医  
  • 日本DMAT講師

副センター長

中山伸一(昭和55年卒)

  • 日本救急医学会専門医
  • 日本外科学会指導医
  • 日本DMAT講師

顧問

鵜飼卓(昭和38年)

  • 外科
  • 救急・災害医療
  • 日本DMAT講師

救急部長

冨岡正雄(昭和63年卒)

  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本整形外科学会脊髄脊椎病専門医
  • 日本救急医学会専門医
  • 日本救急医学会ICLSコース認定ディレクター
  • 日本DMAT講師

救急部副部長

西倉哲司(平成2年卒)

  • 日本救急医学会専門医
  • 日本医師会産業医
  • 日本DMAT隊員

宮本哲也(平成4年卒)

  • 日本救急医学会専門医
  • 日本循環器病学会専門医
  • 日本DMAT隊員

松山重成(平成3年卒)

  • 日本救急医学会指導医
  • 日本外科学会専門医
  • Infection Control Doctor
  • 日本DMAT隊員
  • JATEC インストラクター
  • ITLS インストラクター

救急部スタッフ医師

黒川剛史(平成13年卒)

  • 日本外科学会専門医
  • 日本救急医学会
    ICLSコース認定ディレクター
  • ITLSインストラクター

上田明希(平成14年卒)

  • ITLSインストラクター

畑憲孝(平成10年卒):

  • 日本内科学会 認定内科医  
  • 日本内科学会 認定内科専門医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 日本老年病学会専門医

伊藤岳(平成13年卒)

  • 日本救急医学会専門医
  • 日本救急医学会認定
    ICLSインストラクター
  • JPTEC近畿支部世話人
  • ITLSアフィリエートファカルティ
  • アドバンス・小児インストラクター
  • JATECインストラクター
  • ADLSインストラクター

前野陽子(平成12年卒)

  • 日本産婦人科学会専門医
  • 母体保護法指定医
  • 産業医認定医

専攻医(一言メッセージ付き)

石井大嗣(平成16年卒)

将来は脳外科専門医を目指していますが、その前に全身管理と多発外傷、災害医療を勉強したくて、当センターにやってきました。外傷、内因性疾患といろいろ と経験しながら、今はドクターカーやヘリに乗っています。コースはほぼ全て受講することができ、あとは実際の症例で経験を重ねています。また興味のある分 野を深めるため脳外科のカンファレンスにも参加しています。そろそろ神戸赤十字病院にて脳外科の集中トレーニングに入る予定です。

10月1日から、神戸赤十字病院脳外科に1年半の予定で研修に出向きました。そして、将来は脳外科医専門医をめざします。

3月にて無事へむくを卒業しました。神戸大学の脳外 科教室に入局の上、これまで培ってきた全身管理とリスク回避をもとに、心技体のそろった脳外科医を目指していきます。へむくを去るときは涙が出ましたが、 多くの方に支えていただいたことを忘れずに、胸を張ってがんばります。論文も掲載され、充実した2年間でした。

小野真義(平成16年卒)

外科ベースの救急医を目指しています。1年半救急部で一通り経験し、今は、愛知県の社会保険中京病院に3ヶ月の予定で、熱傷の専門的診療の勉強に出向中です。熱傷のスペシャリストも目指しています。その後外科にローテートする予定です。

9月末で中京病院の研修を終えてました。熱傷から救急から、いろいろと学んできました。一回り大きくなって帰って来ました。

1月から、県立姫路循環器病センターに腹部外科の研修中です。

4月からも、外科のトレーニングのため、姫路に残ることにしました。ほぼ全例執刀させていただくという恵まれた環境に、外科医として幸せを感じています。内視鏡も積極的に行い、救急の現場で生かせるようにがんばっています。

小出 裕(平成16年卒)

後期研修の2年目です。2年目からは、神戸赤十字病院の放射線科にて、画像読影と、IVRを勉強しています。神戸赤十字病院はIVRの件数も多く、技術も 高いので、とても勉強になります。緊急症例はできるだけ呼び出してもらい、IVRに参加しています。働きやすい環境でとても充実した毎日を送っています。

10月から再び、半年間の放射線科の研修に参ります。帰ってくる春には、チーフレジデントです。

4月からチーフレジデントとして、専攻医と研修医をまとめる立場になりました。

スタッフ医とのよきパイプ役になればいいと考えています。自分の得意な分野をどんどん伸ばし、不得意な分野を得意にしていくのも、この1年の抱負です。

高原俊介(平成17年卒)

将来は外傷中心の整形外科を志望しています。その前に、全身管理と内因性・外因性を問わず、重症患者の初期対応や、プレホスピタルを勉強するために、当セ ンターでの後期研修のトレーニングを選びました。傷の治療にも興味があり、他の施設では見ることのないような症例を経験しています。週に1回は朝から晩ま で整形外科の手術に入り、集中トレーニングを積む予定で、わくわくしています。

県立加古川病院で週一回の整形外科トレーニングを行っています。ドクターカーの単独搭乗も始まりました。全身を見れる整形外科医に一歩一歩近づいています。

自分で調べること、自分で考えることを徹底的に教え込まれた1年でした。今年は、より多くの経験をして、次年度からの整形外科医としてのステップにしたいです。国内留学も楽しみです。

松井大作(平成17年卒)

救急がやりたくて、九州からやってきました。多発外傷、腹部外科、内視鏡を中心に勉強しています。プレホスピタルにもそろそろ出て行きたいと思っていま す。研究テーマもあたり、奥の深い勉強もしています。もっと病院にいて働きたいのですが、当直室を占拠してしまったので、渋々家に帰っています。

神戸赤十字病院で、内視鏡のトレーニングをはじめました。10月からドクターカーの単独搭乗が許可されました。次は学会発表です。

データ解析に追われましたが、なんとか終えました。忙しかったです。また最後の最後まで働かされました。厳しいなー。皆さんからかわいがられ(?)おかげで1年を乗り越えました。4月からは豊岡で、救急を続けます。また戻ってくるぞ!

寺井彰三郎(平成16年卒)

1年間の海外留学のあと、当センターに救急、外傷、整形外科を勉強するために来ました。最新で高度な日本の医療を学びつつ、台湾で学んだ伝統医療をうまく取り入れていきたいと思っています。久しぶりの神戸の生活を満喫しています。

9月から心エコーを学ぶことにしました。神戸赤十字病院の検査室で、優しい検査技師さん達に手取り足取り(?)教えてもらっています。今、幸せです。

最後の日まで、厳しい指導、ありがとうございました。ここでの経験は一生忘れません。でも怒られたことはすぐ忘れます。新日鉄広畑病院で、ERの勉強に行ってきます。

前期研修医

常時4名ほど