ME部門

ME部門

ME部門 紹介

 ME部門は、臨床工学技士(ME:Medical Engineer)という国家資格をもっており、呼吸、循環、代謝などの生命維持に欠かせない機能を補助あるいは代行する医療機器の操作を中心とした業務を専門に取り扱っております。
 現在、併設の神戸赤十字病院と当センターあわせて3名(災害医療センター1名 神戸赤十字病院5名)の臨床工学技士がおり、協力して業務を行っています。
 また、当直者を常に1名配備しており、夜間、休日を問わず迅速な対応ができるようにしております。

 

業務内容

  • 心臓カテーテル検査・治療業務
  • IABP、PCPS等補助循環装置の操作
  • 血液透析、各種血液浄化業務
  • 医療機器管理業務
  • 各委員会への参加(医療安全管理委員会、呼吸療法委員会など)
  • ME機器勉強会の実施

 院内の医療機器はME機器管理システムを用いた中央管理をおこない生命維持管理装置を含め特定保守管理医療機器等の適切な保守点検に努めています。また、日常的に使用するシリンジポンプ、人工呼吸器等はすべてME室で管理し保守点検、貸出管理をおこなっています。

 高度救命救急センターME部門の特徴として、緊急心臓カテーテル業務、ECPR症例(PCPS装置を用いた心肺蘇生)、緊急心臓外科手術への対応が多いです。